ここから本文です。

放送日時 2017-03-02

2017-3-2OA 「Jポップで考える哲学ー自分を問い直すための15曲ー」 著/戸谷洋志 講談社文庫

番組名:本のソムリエ

投稿日時 2017-03-02 16:06

出演者情報

本のソムリエ) 大垣書店烏丸三条店
           倉津拓也

ナビゲーター) 松岡千鶴

音声

RSS取得

MP3ファイルの再生/ダウンロード

「本のソムリエ」 大垣書店烏丸三条店 人文書担当  倉津拓也

「わたしの一冊」 「Jポップで考える哲学ー自分を問い直すための15曲ー」 著/戸谷洋志  講談社

Jポップに分類される15のヒット曲の歌詞から、人生を深く考えるための哲学を読み取ろうと試みた一冊。
難解と敬遠されやすい哲学書。しかしJポップという入り口から発展していく思索。
そして、Jポップで歌われていた内容の意外な重さに驚かされるはず。

 本書で取り上げられる楽曲は宇多田ヒカル、aikoなどのソロアーティストから
BUMP OF CHICKENなどのバンド、乃木坂46、嵐、Mr.Childrenにいたるまで様々。
「自分」「恋愛」などの章ごとに、それぞれのテーマに該当するアーティストの歌詞を紹介し、
「先生」と「麻衣」という二人の登場人物の対話形式で分析がなされていく。

それにしても、なぜJポップの歌詞が選ばれたのか?
それはJポップが「言葉に重きを置く音楽である」から。
Jポップの歌詞はストレートなものが多いゆえに物事の本質を突くのではないか。

     ★★★お知らせ★★★

【3/11開催】戸谷(とや)洋志さんトークイベントのお知らせ