ここから本文です。

放送日時 2018-01-11

2018-1-11OA 藤井悦子さん(安倍9条改憲NO!全国市民アクション・京都、アジェンダ・プロジェクト)

番組名:けんぽうサロン京都

投稿日時 2018-01-11 07:10

音声

RSS取得

MP3ファイルの再生/ダウンロード

私は、もともとアジェンダプロジェクトや平和憲法の会京都で活動してきましたが、今は京都の多くの団体と一緒に「安倍9条改憲NO!全国市民アクション・京都」を立ち上げ、その事務局をになっています。全国市民アクションは3000万人の署名を集めようとしていますが、こ数値は、国民投票が行われた場合の有効投票数の過半数を意味しています。安倍首相に改憲発議をあきらめさせる、または強行しても改憲を許さない数値なのです。京都では60万筆になります。京都では安保法制=戦争法反対のたたかいで50万筆を集めましたが、今回はそれを10万筆も上回るものです。たいへんな数字ですが、ぜひやり切りたいです。
昨年8月に全国で3000万人署名が呼びかけられたのですが、京都では私たちの取組み体制がととのはないうちから、地域の9条の会などが、自主的に始めてがんばっておられます。
若者のみなさんには、9条の意味を知って欲しいし、これを変えるとどういうことになるか考えて欲しいです。政府は、北朝鮮の核攻撃やミサイル攻撃に対抗するためと称して軍備増強をすすめていますが、そんなことで戦争を防ぐことができるのか、考えてもらいたいです。
憲法前文に「政府の行為によって再び戦争の惨禍が起こることのないようにすることを決意し」と記されています。安倍政権はこれに反しています。