ここから本文です。

放送日時 2018-12-08

2018-12-8OA 東アジア青少年歴史体験キャンプ参加者8人

番組名:けんぽうサロン京都

投稿日時 2018-12-08 07:30

音声

RSS取得

MP3ファイルの再生/ダウンロード

30分間の特別番組
・8人の内訳:高3・3人、高2・2人、高1・2人、中3・1人
東アジア青少年歴史体験キャンプとは、日本・中国・韓国の中高校生が毎年夏に一週間集まって、歴史の真実を知り討論するキャンプです。今年は17回目で、中国・長春が会場でした。
以下のテーマでキャンプを振り返り、感想を述べ合いました。
・討論の前と後で、彼らに対する考えが変わったか・・・
・「万人坑」「漢奸(かんかん)の像」について
・日本は、中国・韓国に謝り続けるべきか・・・
・日本では歴史を教えていないが、中国・韓国はよく学んでいた
・日本に住んでいるのは、日本人だけではない
・外国人も日本人と同じように生活できるようにしなければ
・真実を知ることって大事
・文科省検定の教科書は偏っているのでは
・日本のマスコミも偏っているのでは
・日中韓共通の歴史教科書があればいい
・日本人も社会のことについて自分の考えを言えるように
・これからは世界と交流し生きてゆける社会に
・前のキャンプで憲法9条を話題にしたら、中国・韓国の人は知っていた
・知らないことから偏見が生まれてくる。知ることが大事