ここから本文です。

放送日時 2017-10-13

2017-10-13OA 「二条城・アートアクアリウム城」

番組名:KYOTO space fountain ~きょうと空間創生術~

投稿日時 2017-10-13 13:15

出演者情報

パーソナリティ) ローバー都市建築事務所
              野村正樹

パートナー)  藤田瞳

音声

RSS取得

MP3ファイルの再生/ダウンロード

京都市中京区にある元離宮二条城では現在、世界遺産登録20周年を記念して「アートアクアリウム城~京都・金魚の舞~」というイベントが開催されている。二の丸御殿中庭をメインステージとして、約5000匹の色鮮やかな金魚やニシキゴイが幻想的な光と音楽で演出され、多くの観客を魅了する空間演出がなされている。アートアクアリウム展としては過去最大級の規模での展覧会であり、屋外での展示は今回始めての試みとなっている。

 写真は「花魁(おいらん)」と名付けられた、約1000匹の金魚が世界で最も巨大な金魚鉢(高さ2.4m、幅最大2m)の中で泳ぐ、展示作品。乱舞する金魚は「花魁」とそれを目指す女性を表現し、巨大な金魚鉢はその中でしか生きることのできない世界を映している。また七色に変化するライティングは江戸花街の艶やかさを表現している。

 他にも、水があふれ出る巨大な球体水槽の中をニシキゴイが泳ぐ作品「アースアクアリウムジャポニズム」や、ダイヤモンドのような12面体や18面体の透明な多面体の中を金魚が泳ぐ作品「プリズリウム」をはじめとして、大小さまざまな水中アート作品が数多く展示されている。

 展示会のテーマは、“REAL JAPANの再興と発信”。日本の美を体現する金魚やニシキゴイを中心とした「和の世界のアートアクアリウム」と、着物をはじめとする京都が誇る日本の伝統産業を現代アートとしてよみがえらせた「江戸桜ルネッサンス」を融合させた新しい世界が本企画では提案されている。