ここから本文です。

放送日時 2017-11-10

2017-11-10OA 「西陣アート&クラフトセンター(仮称)と堀川団地の活性化」

番組名:KYOTO space fountain ~きょうと空間創生術~

投稿日時 2017-11-10 13:15

出演者情報

パーソナリティ) ローバー都市建築事務所
            野村正樹

パートナー)  藤田瞳

音声

RSS取得

MP3ファイルの再生/ダウンロード

「きょうと空間創生術99」でもご紹介した、京都市上京区にある通称「堀川団地」。
昭和25(1950)年から28(53)年にかけて府住宅協会(現府住宅供給公社)に より建設された、
1階部分が店舗、2.3階部分が住宅となっている鉄筋コンクリート造りの公営住宅である。堀川通
りの中立売通り-椹木町通り間の西側に合計6棟の「堀川団地」が建設されているが、写真はその
最北棟にあたる「上長者町団地」。昭和28年建造の12の店舗と24の住宅を持つ3階建ての建物である。

既に保存活用が決まっている他の「出水団地第1棟」「出水団地第2棟」については昨年、耐震改修
工事が完了し、新たな再生への取り組みがはじめられているところである。この「上長者町団地」に
ついては、解体が決定されており、新たに「西陣アート&クラフトセンター(仮称)」が建設される
予定となって いる。府の資料によると、平成30(2018)年の開館を目指して準備が進められ、現在、
その整備運営計画の策定が進められている。堀川団地全体のにぎわい創出・まちづくりを目指しなが
ら、伝統産業の新時代を開く「職・商・交・住」の拠点として新しく整備するものであり、地域交流
スペースをはじめ、ギャラリー・ショップやカフェに至るまで、さまざまな府民のための施設がセン
ター内には計画されている。他にも工房付き住宅やSOHOアトリエ、ワークショップスタジオといった
伝統産業支援のためのスペースも用意さ れている。

京の伝統産業の新しいかたちが、この「西陣アート&クラフトセンター(仮称)」から発信される
数年後が今から楽しみである。