ここから本文です。

放送日時 2018-02-09

2018-2-9OA  「Derbe(デルベ)京都本店の世界観」

番組名:KYOTO space fountain ~きょうと空間創生術~

投稿日時 2018-02-09 13:15

出演者情報

パーソナリティ) ローバー都市建築事務所
           野村正樹

パートナー)  藤田瞳

音声

RSS取得

MP3ファイルの再生/ダウンロード

先日、中京区麩屋町蛸薬師角に新しく移転OPENした、一件の「ボディケアショップ」を設計する

機会に恵まれた。化粧品の輸入販売を行う日東薬品工業(株)が販売する、イタリア・フィレンツェ

生まれのボディケアブランド「Derbe(デルベ)」。16世紀に、フィレンツェの名家・メディチ家に仕え

ていた薬草組合によって記されていた、ハーブレシピを参考に開発された商品は、季節の花々や

果実のエキスをブレンドすることで生み出される、「香り」が特徴的で、現在はヨーロッパを中心に

11ヶ国で展開されている。日本では唯一となる、直営店の京都本店が、装いも新たに新春よりオー

プンの運びとなった。

トスカーナ州の州都でもあり、ルネッサンス発祥の地として知られる、歴史都市”フィレンツェ”。

英語名では、「花の都」を意味する”フローレンス”とよばれ、「屋根のない美術館」と称されるほど、

中世の趣を今にとどめる美しい街である。

明るい日差しが差し込むガラス張りの店内には、フィレンツェの大聖堂(ドゥオーモ)をモチーフとし

たオレンジ色の折り上げ天井を計画し、随所にアイアンやアンティークタイルを取り入れることにより、

デルベブランドの世界観を表現している。床材には、イタリア語で焼いた土という意味を持つ、テラ

コッタタイルを採用し、店内の調度品とあわせて、フィレンツェの雰囲気を感じることのできる空間と

なるよう計画がなされている。

小さな物販店舗の設計ではあったが、フィレンツェに思いを寄せながら、大きな世界観を表現する

ことのできた、印象的なプロジェクトであった。