ここから本文です。

放送日時 2021-03-22

2021-3-22OA 八王子市民放射能測定室ハカルワカル広場の取り組み

番組名:環境市民のエコまちライフ

投稿日時 2021-03-22 13:15

出演者情報

ゲスト:八王子市民放射能測定室
    代表 西田照子さん

聞き手:下村委津子(環境市民ラジオチーム)

音声

RSS取得

MP3ファイルの再生/ダウンロード

福島原発の事故から10年、関西にいると福島原発事故関連のニュースを得る機会が少なくなっています。でも、原発事故の影響は決して終わってはいません。
みなさんご存知の通り、放射能は見えないし匂いもないし、熱い冷たいなど感じることもできません。

福島原発事故後、残念ながら放射能が雨によって河川や大地にも降り注ぎました。
西田さんたちが開かれている八王子市民放射能測定室「ハカルワカル広場」は、今もこの放射能はどのように残っているのか、その影響を知るために測定を続けておられます。

ハカルワカル広場を、どんな思いで立ち上げられたのか。そのことによって、市民は何を知ることができ、どのような変化が起きたのか、市民が主体者となって調べることにどんな意味があるのかなど、お話をうかがいました。

八王子市民放射能測定室 ハカルワカル広場 http://hachisoku.org