ここから本文です。

放送日時 2019-07-07

2019-7-7OA 若者の発想とパワーで、街の商店街にかつての賑わいを取り戻そう

番組名:KYOTO HAPPY NPO !

投稿日時 2019-07-07 10:30

出演者情報

ゲスト:重兼加奈さん(そらたねプロジェクト第17代代表)、後藤明日香さん
コメンテーター:近藤忠裕さん(きょうとNPOセンター)
ナビゲーター:高嶋加代子

音声

RSS取得

MP3ファイルの再生/ダウンロード

話し手:そらたねプロジェクト 第17代代表 重兼 加奈さん

かつてはどの町にも必ずと言っていいくらいにあった商店街。地域の人々の生活を支え、交流の場でもありました。
けれども今は、日中もシャッターが閉まったままの店舗が増え、かつての賑わいが失われたところが増えています。
こうした通称 ?シャッター商店街”の増加は、地域社会の高齢化や大規模店舗の拡大に伴う人々の消費行動の変化を如実に反映しているとも言えます。
こうした中、商店街のかつての賑わいを取り戻そうと取り組んでいるのが、京都市内で最も距離が長い商店街である、新大宮商店街です。7月の「夏祭り」、10月の「そらたね祭」という年2回のイベントの開催や、今年からは「新大宮ファミリー広場」という親子で楽しめる場の運営も行われています。
そのうち、「そらたね祭」と「新大宮ファミリー広場」を企画、運営するのが、本日のゲスト「そらたねプロジェクト」さんです。このプロジェクトは、京都市内の大学生により運営されており、地域と若者の交流を目的に、2003年から「そらたね祭」に取り組まれています。
番組では、商店街のどういうところが若者にとって魅力があるのかや、また、卒業と入学で毎年、メンバーが交代していくなかで、どのように活動を維持してきたかということなどを伺っていきます。

そらたねプロジェクト
Twitter:https://twitter.com/soratanefes2019