ここから本文です。

放送日時 2016-10-27

2016-10-27OA 宗川吉汪さん(日本科学者会議京都支部代表幹事)

番組名:けんぽうサロン京都

投稿日時 2016-10-27 07:09

音声

RSS取得

MP3ファイルの再生/ダウンロード

%e5%ae%97%e5%b7%9d%e5%b0%8f

日本科学者会議の目標は、「科学を平和・民主主義・社会進歩・生活向上に役立たせること。社会における科学の役割を研究すること、科学者の社会的責任について議論し、実践すること」にあります。戦後の科学者運動は、二度と戦争に加担してはいけないが原点です。背景は憲法9条です。
昨年から防衛省が、安全保障技術研究推進制度を立ち上げ、大学や研究所に軍事研究のための研究費を公然とばらまくことをはじめました。そもそも日本学術会議は1950年と1967年の二回にわたって「戦争を目的とする研究には絶対に従わない」決意の表明をしています。ところが、今の学術会議の大西隆会長は「個別的自衛権を目的にするなら許されるのではないか」などと大問題発言をしています。学術会議は、検討会議を立ち上げ来年に結論を出すことになっています。
防衛省の研究費配分委員会に、京都から立命館大学の先生も参加されていますが、辞めてほしいと思っています。そもそも軍事研究そのものが憲法9条違反です。学術会議がこの憲法違反の研究を許して欲しくありません。
京都大学や東京大学では今春、改めて、防衛省の研究費をもらわない、軍事研究をしないとの態度を表明しています。私は各大学で戦争を目的とする研究に従わないとの決意の再確認をしていただきたいと思っています。日本科学者会議は、「軍学共同反対、憲法9条擁護の旗を高く掲げてみなさんといっしょにがんばって行きます。