ここから本文です。

放送日時 2017-06-05

2017-6-9OA 「美の殿堂 ワコールスタディホール京都」

番組名:KYOTO space fountain ~きょうと空間創生術~

投稿日時 2017-06-09 13:15

出演者情報

パーソナリティ) ローバー都市建築事務所
              野村正樹

パートナー)  藤田瞳

音声

RSS取得

MP3ファイルの再生/ダウンロード

JR京都駅南口、堀川八条南西角・イオンモールKYOTO北側に昨年竣工した「ワコール新京都ビル」。
弧を描いたガラス張りの外観と、その柔和なイメージが印象的なこのオフィスビルは、ワコールの
創業70周年を記念して建設されている。
建物の1階.2階部分には、一般の人々でも気軽に利用することのできる、カフェ・ギャラリーが計画
され、明るく開放的な空間で「京都駅南口のオアシス」ともいうべき憩いの場所が整備されている。
さらには、ワコールの理念を”かたち”にした「ワコールスタディホール京都」が設立され、スクール、
ライブラリ-・コワーキングスペース、ギャラリーと多様なスペースにさまざまな角度から「美」を
収集し、学ぶことのできる環境が整えられている。
「美しく,美しく,より美しく。まことに単純だが、美しくあって欲しいのは女性だけにとどまらない。
心のありよう、社会のありよう、そして国際社会もそうあってもらいたい。これは人間の希求である」。
これは、ワコール創業者・塚本幸一のことばである。
自分のからだへの関心が高まる「身体の美」、美意識や知性・教養など目に見えない美を追求する
「心の美」、そして美しい社会、人間関係のありようや京都に息づく美学について学ぶ「社会の美」。
見た目だけでなく感性や知性など内面の美しさに加え、社会のありようまで美しくなることを目指して、
設立された学びの場「ワコールスタディホール京都」。美しい空間に身を委ね、感性を刺激することの
できた春のひとときであった。