ここから本文です。

放送日時 2021-07-18

2021-7-18OA つながること、共に歌うこと~コロナ禍の「うたごえカフェ」~

番組名:KYOTO HAPPY NPO !

投稿日時 2021-07-18 10:30

音声

RSS取得

MP3ファイルの再生/ダウンロード

ゲスト:京都ピアノとうたの音楽ひろば 代表 上平知子さん

「京都ピアノとうたの音楽ひろば」の活動は、東日本大震災と福島第一原発の事故によって京都に避難してきていた人々に、ピアノやバイオリンなどの習い事を支援する活動から始まりました。

「家にピアノが無くても、ピアノを楽しむことができる」を合言葉に、助成金やシニアを対象にした活動の参加費の一部を充て、子どもたちに楽譜・教材・電子鍵盤楽器を支援し、バイオリンについては貸与してきました。
2020 年 12 月までに、累計 118 名の子どもや青少年にのべ 1,800 回以上のレッスンによる支援活動を行っています。

同時に、「京都ピアノとうたの音楽ひろば」では、京都市内で精力的に「みんなで歌おう!うたごえカフェ」も主催しています。
「うたごえカフェ」は、ピアノやギターなどの生伴奏に合わせて、誰もが口ずさめるような曲を、その場に参加している人みんなで一緒に歌う「集いの場」です。
「シニアの孤立を防ぎ、健康寿命を延ばす効果がある」との研究結果も多く、様々な市民活動団体や地域団体によって取り組まれたり、介護施設などでもプログラムとして実施されたりしていました。

いつも満員御礼だった「みんなで歌おう!うたごえカフェ」ですが、コロナ禍で一変。
すべてのうたごえカフェが開催できなくなりました。
平常時であれば、ふれあいや連帯、つながり作りに欠かせない手段が、「3密」として「ご法度の活動」になってしまったからです。

今回は、「京都ピアノとうたの音楽ひろば」がずっと取り組んできた 東日本大震災の避難者や子どもたちへの習い事支援の取組み をお伺いすると共に、「うたごえカフェ」に大打撃を与えたコロナ禍の衝撃について、お話をお伺いします。

「おうちで歌おう!うたごえカフェ」のYouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCHwAPdiizOZzwB1_VGTUvoA

※この番組は、働く仲間がつくった営利を目的としない金融機関「近畿労働金庫」の協力によりお届けしています。
【近畿労働金庫のご案内・取組みはこちら】
近畿労働金庫 ホームページ
近畿労働金庫 フェイスブックページ