ここから本文です。

放送日時 2015-01-18

2015-1-18OA 陸前高田災害FM元ラジオDJあゆみさん(中学2年)が語るコミュニティの再生とは? 1/11日に左京区専修寺で開催された「東日本大震災を語る会」をレポート

番組名:FM79.7 防災ラジオ

投稿日時 2015-01-18 10:48

音声

RSS取得

MP3ファイルの再生/ダウンロード

2015年1月17日、1995年の阪神淡路大震災から、ちょうど20周年の日を迎えました。

今回のFM79.7防災ラジオは、2011年の東日本大震災から3年と10カ月を迎えた1月11日に京都市左京区岩倉の専修寺で開催された「東日本大震災を語る会」についてレポートします。

この講演会では、東日本大震災で被災した岩手県陸前高田市の臨時災害放送局でラジオDJを務めた当時、中学1年のあゆみさんが、現在の陸前高田市の状況、震災やラジオ番組を通じて自らが得た経験や出会いについて語りました。また、将来の陸前高田に描く理想のコミュニティ像についても語りました。あゆみさんは小学校4年生で、被災しましたが、震災後は友人や家族の薦めでセーブ・ザ・チルドレンジャパンなどのNGOによる復興活動や海外留学にも積極的に挑戦しました。また、阪神淡路大震災の被災地も訪問し、同じ被災者の経験を陸前高田市の復興に活かしたいと語っていました。

陸前高田市で支援活動を行っていた左京区岩倉の専修寺副住職の岸野さんがあゆみさんのラジオ番組に手紙を送ったことがきっかけで、岸野さんはあゆみさんの番組に出演することになりました。岸野さんはあゆみさんの言葉の力を通じて京都の人に、被災地の状況を知ってもうらおうと、今回の講演会を企画されました。現在、中学2年生のあゆみさんは一人で講演会を行うのは初めてということでしたが、陸前高田市の復興に向けた力強い思いを語りました。

日本はこの20年間で阪神大震災、東日本大震災という巨大地震を2度経験しましたが、被災地での経験を風化させずに来るべく大災害への準備が必要です。

制作:NPO京都コミュニティ放送 時岡浩二

 

陸前高田災害FMブログ:http://rikuzentakata-fm.blogspot.jp/

陸前高田災害FM Twitter:https://twitter.com/rikuzentakatafm

運営中の臨時災害放送局:コミラジ

陸前高田災害FMサイマル放送:http://csra.fm/blog/author/rikuzentakata-fm/(Windwos Mediaのみ対応) / http://listenradio.jp/

※現在、あゆみさんのラジオ番組は休止中です。

環境・防災ジャンルの最新記事

PODCAST 2021-09-16 放送

2021-9-16OA