ここから本文です。

放送日時 2017-03-18

2017-3-18OA 気心地のよい粋な着物

番組名:きょうと・人・まち・であいもん

投稿日時 2017-03-18 15:50

出演者情報

株式会社 一加 代表取締役 青木 敏和さん

まちづくり委員会 内藤 郁子

音声

RSS取得

MP3ファイルの再生/ダウンロード

気心地のよい粋な着物

三条通柳馬場
株式会社 一加 代表取締役 青木 敏和さん
 
 この番組には、2005年12月に、ジュエリーの店「俄」で出演しているのですが、なぜ呉服屋をすることになったかといいますと、2009年に安藤忠雄設計の新社屋が完成し、そのお披露目パーティーを開く際に、私ども夫婦は着物を着よう、ということになったのですが、どこで買おうか、いざ探してみると、小売りで自分たちが気に入るような、今の時代にあった呉服屋さんが意外と少なかった。そんな話を周りの人にしていたら、「いっそのことお前やれや~」と言われ、逆に反対する方も多かったのですが、良いビジネスモデルになれば一つの社会貢献になるかなと思い、もう一度奮起して頑張ろう!と始めて、もう3年になります。
 店の名前の『一加』は、コンセプトとしては「二減一加」。二つ減らして新しいものを一つ加えるということなのです。僕から着物を見ていると、ちょっと過飾、飾り過ぎだなぁと感じる部分があったので、もうちょっと控え目な美を提案しています。
 着物というものはもう、贅沢品になってしまって、また着付け教室が普及して、かなりキチンとしたプロみたいな着方になってしまいました。昔はもっとラフに着ていたと思うんです。いい加減に着ていた。それを皆が許せた社会背景があったと思うんです。今はそうしていると、着方が悪いとかキチンとしてないと言われます。あんまり小うるさいルールは言わなくなれば、もう少し気楽に着て気楽に楽しめるのかなと思います。地場産業なので、あれもこれもという付加価値、足し算の美学になっていったのだと思います。我々消費者から見たら、そこまで凝ってなくても、その柄は要らん、この色は要らん、と引きたくなるんです。僕も着物を着る機会はまだ少ないのですが、諸先輩から「お前、着物着ぃよ。楽やで。」と言われるんです。これからは男性用ももっと増やしていきたいと思っています。
 僕が約40年前に創業したのが蛸薬師高倉で、その当時から三条通はよく通っていたんですが、当時はもっと人通りも少なかった。ここ10年20年で人が多く通るようになって、それはそれで町の賑わいとしていいなと思っています。古い建物もきちんと残しつつ、街並みにあった新たしい建物もできていけばいのかなと思います。是非電線の地中化を実現して頂きたいですね。そうすれば、もっと気持ちよく歩けるのではないかと思います。

感想
とても現代的なシンプルな建物にあるお店で、粋な着物にかっこいい帯を合わせて展示されています。10余年ぶりにお会いした青木さんは、オリジナルの上っ張りをカッコよく羽織って去って行かれました。(内藤郁子)